キュウリとヒキコモリ

Cさま

+
おとといのBBQ、一緒に参戦できなくて本音はちょっと寂しかったけど、
もしかしたらやっぱり私一人で行くべき会だったかも知れないとも思ってた。
行ってみたら27人も集まっていて面食らいもしたし、
全員がキッシーから直接招待された人ばかりだったし、ね。

あ、27人っていうのは私が勝手に数えたの。
だって半分以上が互いに初対面なんだもの。
順番に自己紹介する時間があって、
それぞれの話を興味深く聞きながら心の中で数えてた。
火は人を饒舌にするのかな。
みんな臆することなく問わず語りを重ねて、
誰もがそれに聞き入っていた。


このまえ「フィルターバブル」の話をしたけれど、
人は誰もが本来ヒキコモリで、
誰もがフィルター越しに世界を隔てながら連なっている。
そして、フィルター越しに連なりながら、
ときおり共感や共鳴が訪れて一体感の幻想に酔いしれたりもする。
一体感の幻想に酔いしれると、夢や希望や理想が増幅される反面、
不満や不安や不条理を仮想の敵に仕立て上げたりもする。
ヒキコモリもヒキコモリなりに世界と繋がろうとする思いは本能で、
ただその方法が不器用だってだけのことなんだよね。


そういう意味で、
BBQに集った27名は見事に全員が不器用だった。(キッシーも含めて)
ただし27名全員が、自分の不器用を愚痴らなかった。
それゆえ、
27名の不器用さはそのまま全てがそれぞれの個性として昇華されていた。
みんなほとんど初対面どうしなのに、不思議でしょ?

もちろん炭火で焼いた肉は美味しかったし、
炭素循環農法(=通称タンジュン農法って呼ばれる自然農)のキュウリは絶品だったし、
キッシーがトレーラーハウスを手作業で増築したカウンターバーや、
木材チップを敷き詰めた自称キャンプ場からの夕景は格別だったんだけど、
そうした「しつらい」や「もてなし」の一切は脇役に回っていた。
たぶんこういうことなんだろうね。豊かさって。

誰もがアタリマエのアリガタミを知っていた。

私は座の緩んだ10時頃に早々と一人退散したから
夕刻から始まった会が何時まで続いたのか知らないけど、
不思議で稀有な集いでした。


++
と、ここまでの話を聞いて
その場を覗いてみたかったと思うかしら?
行かなくて良かったと思うかしら?

たぶんきっと
よくわからなくてちょっとザワッとしてるよね。
(私も肝心な話をしていないし)


+++
肝心な話というのは「自然農」のことです。
キッシーのキャンプ場は、自然農の畑の一角に設えられているのです。

食と農業に関するテーマは、私もこれまでアレコレ取材しては
番組や記事にしてきたんだけど、Cにはあんまり話してないよね。
要点だけをかいつまむと、
 1)農業は人類に恩恵をもたらしたけど、同時に環境破壊と戦争を引き連れてきた。
 2)なぜなら農業は自然を改変し、土地に線を引く作業だから。
 3)そこで、できるだけ自然を改変しない「自然農」が注目されつつある。

といったところが前提です。

ところがね、ここから先が複雑な大人のジジョーってやつで、
なかなかに政治的、経済的、哲学的な命題が絡んでくるのですな。

しかも、これは個々のライフスタイルそのものが問われるテーマだから、
一人一人の自発的な選択が求められている。


++++
そんなワケで、
もし理解してもらうとしたら私の拙い説明だと10年かかる話を一気に端折るけど、
おととい集まった27名のフィルターバブルズは皆、
少なからず「自然農」の作法を心得た者ばかりだったということなのです。

私なりに言い換えれば、
近代の国民国家やSNS社会のイデオロギーである「共感主義」から自立した者、
あるいは自立しようとしている者の集いでした。

それはどういうことかと言うと、
だいたいにおいて「自然」と共生するということは
複雑さ、分からなさ、曖昧さ、あてどなさ、、とつきあうことに他ならない。
だから、自分なりの信念は抱きつつも、
思い通りにならない偶発性を「受容」しないことには始まらない。
そうした作法を、それこそ痛いほど身に沁みこませなくては
生きぬく術も、暮らす場所も見つけることができないんだよね。


と毎度ながらつらつらと書き連ねてしまったけど、
ま、こんなふうな感想を書くのはそれこそ私の不器用さなんだと思う。
それを個性だと思って密かに誇りにしてはいるけど
決してマジョリティにはならないことも承知しているし、
そもそも「共感」されることを望んでいないから、ね。


取り急ぎ報告まで。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

人が海を渡るのは情熱があるからだ

Cさま

久しぶりに一人の夜で、差し迫ったタスクも無く、サスケの米騒動もひとまず鎮圧させたので、これを書いています。
喉が痛くて、なんだか頭もぼんやりと怠いんだけど帰りがけにコンビニで買った無添加ポテチと缶ビールが今夜の夕食。美味し。

数寄者のユートくんがね、ビルエバンスのドキュメンタリー映画を観てきたとのこと。キャッチコピーは「美と真実だけを追求し、他は忘れろ」だって。

ビルエバンスって、とってもリリカルなピアノを弾く人。
私は彼の「ワルツ・フォー・デビー」や「いつか王子様が」しか知らないけど、なんというか、フランス語で口説かれてるみたいな気持ちになってうっとりする。

最後はまぁ要するに薬物中毒で亡くなるんだけど、演奏はいつどんな時でもカンペキだったっていろんな人が証言している。天才ゆえのワガママさで、周りの人は大変だったみたいだけど、それもこれも「美と真実だけを追求」する生き様の代償なんだろうと私は思う。

ギフテッドとして生まれた者の宿命だよね。

ところで「芸術至上主義」という言葉があるよね。

高校のときに芥川の地獄変が教科書に載っていて、たしか解説に書かれていたか先生が説明したかで初めて知った言葉なんだけど、私は「実際に見たものしか描けない」と言って狂気的な横暴を正当化する絵師の物語には共感できず、芥川のこともずっとずっと嫌いだった。と言うか、好きにならないように努めてきた。
とどのつまり絵師も芥川も自殺しているしね。

「良心とは厳粛なる趣味である」(『侏儒の言葉』より)

芥川のこの言葉を読むと、学生時代につきあってたMくんを思い出す。
ものすごくナイーブな人で、私は彼の遠慮がちでフラジャイルな純真さが大好きだったのよね。『ジャンクリストフ』に出てくるオリヴィエみたいな人だった。

でもね、Mくんは東京で下宿するようになってアレやコレやに揉まれていくうちに、あるとき「感受性なんてヒマ人しか持つことができない」と吐き捨てるように言うようになってしまってショックだった。なんというか、逞しく成長するための通過儀礼だったんだろうけど、世慣れていくMくんを愛し続けることが私には出来なかった。

オリヴィエは純真過ぎて最愛の人に裏切られちゃうんだけど、私の場合は逆だったみたい。彼が私の友人のお姉さんと不倫したらしいことまでは知ってるけど、その後は一切音信不通になっちゃった。

きっと私の愛し方は彼にとって負担でしかなかったんだろうと思う。

「情熱」

そう言えば、 
このところ愚痴っぽかった。 

苦しくて、 
情熱が、虚しさの下敷きになっていた。 

 人が 笑うのは、情熱があるからだ。 
 人が 走るのは、情熱があるからだ。 
 人が 愛を語るのは、情熱があるからだ。 
 人が 夢を抱くのは、情熱があるからだ。 
 人が 海を渡るのは、情熱があるからだ。 
 人が 山を超えるのは、情熱があるからだ。 
 そして 
 情熱のかぎり、人は旅をつづける。 

私たちが 死よりも怖れていることは、 
ある朝、情熱を失くした自分 と出会うこと。。 

「頑張りましょう」と あなたが言った。 
そんな言葉で、 
命の糸は 紡がれてゆく。

と、ここまで書いてトイレに立った隙に、サスケが私のソファを占領して腹を出して真っ直ぐに伸びてる。一日中猫背にしてると、やっぱり猫でも飽きるのかな。

そう考えると、ビルエバンスも芥川もクリストフも猫背を貫く人生だった。恋人や親友を失い、自らを追い込んでまでも、美と真実だけを追求し、真っ直ぐに猫背を貫いた。

辛うじてクリストフだけは大往生する人生だったけど、まぁフィクションとは言え、酒やクスリに逃げない愚直さというか愚鈍さがあったからなんだろうなぁ。

今の時代は右を向いても左を向いても欲望を喚起するステマばかりだから、「他は忘れろ」という人生を生きようとするなら窓を閉ざして引きこもる以外に選択肢が見つからないよね。

むしろMくんが言ったように、感受性を捨て、情熱を封印し、美や真実になんて興味を示さず、忙しく愚痴をこぼし続けながら暮らす方が、ラクに楽しくのびのびと生きて行けるんだろうと思う。だから社会は「真面目な人」を消費するんだろうな。貴重希少な絶滅危惧種だものね。

Living is easy with eyes closed. John Lennon

あー、私は相変わらず安上がりな女だから缶ビール1本で眠くなってきちゃった。
またメールするね。おやすみ。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

いったい、なぜ負けてはいけないのだ。

Cさま

令和の初メールです。
ひきつづき、というか
ますますヨロシクね。

平成最後の1日は、
文字通り死んだように眠りこけていました。
ときどき目を覚まして、
デザインと能とブロックチェーンの本を交互に読み散らかし、
志の輔の落語とYEBBAのヴォーカルパフォーマンスに聞き耽り、
甘えん坊のサスケの容赦ない重力の下敷きになって悶絶する、、という。

それはそうと、
Cにシェアしたい一節を発見したので、
要約編集しておとどけしますね。


いつのころからか、若い日本人は「自分さがし」を重視するようになった。
四、五十代は「勝ち」を求めるようになった。
会社は「負け犬」から脱することを目指すようになった。

近代欧米社会がつくりあげた行動イデオロギーは、
一言でいえば「明日は今日よりよくなる」という進歩思想だ。
この「勝ち」を求める行動イデオロギーは個人にもおよび、
「自己実現」というたいそうアメリカンな方針をふりまいた。
そのうち
「ポジティブ・シンキング」こそあなたを救うという口調になってきた。
成長志向や上昇志向だ。

いったい、なぜ負けてはいけないのだ。

自分の力を過信して失敗してしまった者たち、
他人の恨みを買った者たち、
ついつい勇み足をした者たち、
みずから後ずさりしてしまった者たち、
自分の能力がうまく発露できなかった者たち。

能ではかれらのことを、「負けた」とは解釈しなかった。
「何かを負った」と解釈した。
そこに新たな再生がありうることを謡ったのである。

千夜千冊1176夜『異界を旅する能』より


この先はこう続きます↓


世間や社会は「負」を「罪」にしたがる。

もともと日本には「はらい」系と「こもり」系の贖罪の方法があったが、
やたらに検察や警察が罪人を拘置する、強制的な「こもり」ばかりが
支配的になっている。

今日の日本は、あらためて「はらい」の意味を考えるべきではないか。
そこには流浪の者が何かを引き受ける文化があった。

つまりさ、
「はらい」を担うことができるのは
自身の内に「負」を抱えた者こそ、だっていうワケなんだよね。

私ね、自分の人生に使命があるとしたら
この「はらい」に関わることじゃないかなぁと感じているの。

Cなら分かってもらえる気がして
つらつら書きました。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

blog.milkyshadows.net

このページは旧ブログのバックアップサイトです。
(旧ブログの更新は終了しました。)

アサイド | 投稿日: 投稿者: | コメントをどうぞ

つぶやいてマス。

コチラ、諸事情によりすっかり更新が滞っていますが、

少し前からTwitterを始めています。

このサイトは残念ながらTwitterに対応していないので、

よろしければどうぞコチラを覗いてください。

それなりに更新してマス。

http://twitter.com/milkyshadows

20091018-info.jpg

カテゴリー: Main | コメントをどうぞ

超回復

久しぶりにwAtOSAのHさんに会ったら、開口一番

「ずいぶん灼けましたね〜」と驚かれた。

20090902-f-room.jpg

今年の夏は海にも行かずに引きこもっていたけれど、

ノーガードで肩は出すし、クルマはオープンにして乗っていたし、

シミなんてとっくに出来ているから、日焼けなんて気にもしていなかった。

そういえば、どうりで最近メイクがチグハグな気がしていた。

Hさんに指摘されるまま、今さらながらファンデーションを一つ暗めに落としています。

20090902-oh-shima.jpg

私は3〜5年置きに「このままじゃイケナイ病」に陥る。

今回のソレは、春くらいから訪れていました。

ボトムから再構築しなくちゃこの壁は越えられない、、

今日は平和だし、明日も大丈夫なのだけれど、

あさっては風が変わって手遅れになる。。

そんな危機感に満ちた予感が、内側から突き上げてくる。

具体的なテーマや出来事がある訳じゃなくて、

いつもカミサマは唐突に解読不能のボールを投げてくる。

分かっていても避けられない波。

そんなワケで、

私、実は密かに相当ジタバタしている今日この頃___

20090902-sora.jpg

そうだ!カラダ鍛えよぉ!

なんて思い立って、毎朝6時に起きて筋トレしてます。

ちょっと前に『嫌われ松子の一生』をレンタルで観たせいかな。

中谷美紀のスクワット、ちょっとマネしてみたくなったのかも。

もう3週間続いていますが、日課になると中毒になります。

カラダをイジメルのが快感だなんて、私ホント根っから「M」なんだと思う。

筋トレって、自傷行為と根は一緒かも。。

20090902-b-house.jpg

トレーニング方法について調べていたら、「超回復」という語を知りました。

筋肉はトレーニング直後に一旦パフォーマンスが落ちて、然るべき回復期の後にトレーニング前を上回る状態になる。

ふむふむ。

つまり、

筋肉はトレーニング中に発達するのではなくて、休んでいる時に発達するのだ、ということ。

そして、

その超回復期を逃さずに次のトレーニングを仕掛けることによってのみ成長曲線が描かれるのだ、ということ。

 ⇒『超回復と漸増負荷』

コレって、筋肉だけじゃなくて脳や心にも当てはまるかも。

適度な休養と、適切な負荷。

カテゴリー: Main | コメントをどうぞ

放送時間変更のご案内

8月1日からFMおだわらのタイムテーブルが新しくなります。

soulbeauty.netの放送時間は、以下の通り変更になります。

 『soulbeauty.net』 (fmおだわら / 78.7MHz)

   毎週火曜日 19:00 〜 20:00

  (再放送/日曜日 18:00 〜 19:00)

 ⇒ 詳しくはコチラ

カテゴリー: soulbeauty.net [on air] | コメントをどうぞ

近況など

昨日、東京の真ん中で、

今シーズン初めての蝉の声を聞きました。

梅雨が明けたのを知ったのは今日でした。

友だちからのメールで。

少し前からTVの無い生活。

20090715-ido.jpg

このところスッカリ更新が滞っています。

私にとって「書く」という作業は、

とても神聖で、大きな意味を持っているのことなのですが、

だからこそ、

日々の雑多な出来事を書き留めることには今はまるで興味を持てなくて、

ましてその出来事たちの質や量があまりにも膨大すぎて、

生々しすぎる気がしています。

今の私の状態は、

とてもとても「情報発信」や「自己表現」というカタチに落とし込むまでには程遠くて、

しばらくは時間がかかりそうなカンジです。

。。なんて書くと、さも大げさなのですが、

つまり平たく言うと「忙しい」んです。(笑)

20090715-jindaiji.jpg

「意図」について考えています。

以前にも書きましたが、『soulbeauty.net』というドキュメンタリー・プロジェクトでは、

情報をなるべく生のままにお伝えしようと、私自身は極力声を発せずに黒子に徹することを考えました。

けれど積み重ねた記録を振り返って俯瞰したときに立ち現れてきたのは、

「いったい私は、どんなことに興味を抱き、どんなスタンスで世界と関係しようとしているのか?」

「そしてその作業を記録して他者と共有することを通して、その先に私はどんな未来を意図しているのか?」ということ。

つまり、排除したはずの私自身のプレゼンスでした。

真実を客観的に描写しようとする作業そのものが、そこに介在する作業者の「意図」に他ならないということです。

あるいは日々のサロンワークの中でも、

ヘアスタイリストとして髪に触れるにつけ、そこに実在するフォルムからも「意図」を感じます。

たとえば、「あぁ、このコ(毛流)はこっちへ行きたいのね」という具合に。

それはまるで、お客さま自身が日常の「意識」においてつくりあげているドラマとは別の次元で、

髪の毛(あるいは肉体)が「存在」を主張しているかのようです。

私は「ありのままの真実」というものへの興味に取り憑かれているワケなのですが、

そのものに目を凝らすほどに、

「存在」ということの実体は「意図」なのではないかな、と思うのです。

「意図」によって刻印された署名が「存在」なのではないかな、と。

生まれて生きて死んで行くことを、一つの大きな呼吸だと考えれば、

この宇宙の存在そのものが、最も長くて大きな呼吸なのだと思えるし、

その呼吸こそが「意図」なのだと感じるのです。

と、ここまで書いて再び始めに戻ります。

私は「意図」について考えています。

「意図」はエネルギーのベクトルですから、

そこには力があります。方向があります。

私はどれほどの力で、

どこへ向かって運ばれて行くのか。

それを私は、穏やかに傍観しようとしているのです。

20090715-himawari_.jpg

そんなことを考えながら、アトリエミームは先月1周年を迎えました。

積み重ねてきたことの確かさ、抱かれている流れの確かさ、今ココで起きている感覚の確かさ。

それらは私の中で、銀河のように壮大な磁場を描いて、美しく回転しています。

今は残念ながらそれ以上をコトバにすることは出来ませんが、

ただただ地味にヒッソリと、日々のワークで表現しようと試みています。

カテゴリー: Main | コメントをどうぞ

また会える人と、もう会えない人

久しぶりにアラームの鳴らない朝。

起きたらもう11時を過ぎていた。

ずっと仕事が忙しかったから、我を忘れてグッスリ眠った。

自分のベッドなのに「アレ? ココどこ…?」なんて、しばらくボンヤリ。

20090609-genkai-nada.jpg

恋人は今、携帯もPCもない環境にいる。

昨日、両親の葬儀だった。

突然の、あまりにも悲惨な出来事、、

会えなくなって5日目。

私は地球の反対側で、何をすることもできない。

ずっと一緒にいたから、会えない寂しさがクーンとしみる。

忙しさは、私を救ってくれていたのかも知れない。

何もすることがない一人きりの時間と向き合うのは、ちょっとキツイ。

じっとしていると、あの人の悲しみが私の胸にまであふれてくる。

寂しさなんて、

悲しみの前では意味を持たない。

20090609-stoped.jpg

また会える人、



もう会えない人。

20090609-jizodo.jpg

それにしても、

おとといの満月は強烈だった。

圧倒的な引力で、私はアタマが割れそうだった。

満月って、

手放すにはうってつけの日。

 

 

カテゴリー: Main | コメントをどうぞ

deserve

あまりにもデリケートなテーマなので、詳しくは書けないけれど、

過去10年間悩み続けていた厄介事が、ようやく解消される目処がつきました。

盛大に祝杯をあげたいところだけれど、

あまりにも、この鈍い痛みに慣れ過ぎてしまったみたい。

苦しい自分に気づいてはいたけれど、その苦しさを認めたくなくて、

壊れても良いからと、目をそらすようにして走り続けてた。

ガムシャラに走ることが良いことなのかどうかは分からないけれど、

そんな激情こそが人生を動かしてゆくことは、確かなんだろうと思う。

20090523-chair.jpg

カテゴリー: Main | コメントをどうぞ