聖者について

10/24(火)

 

 Tropicaのakiさんから聞いた、インドの昔話。

 

  昔々、修行をつんだひとりの聖者が旅をしていました。

  途中で訪れた村で、食事をとった時のこと。

  料理を食べ終えると、聖者は無性に気がイラダツのを感じたのです。

  修行をつんだ聖者でしたから、この気のイラダチは何だろうと内観したところ、

  どうも自分の内側の出来事ではなさそうだ、と気づき、

  ふと宿の厨房を覗きみると、

  料理人がふたりでケンカをしながら調理していたのでした。

 

 料理人の波動が料理を介して食べる人まで届けられる、という話。

 そして、聖者の冷静な内観について。。

 

 私にとって、ものすごくタイムリーなお話でした。

 ごちそうサマでした ***

 

10/25(水)

 

 晴れた休日の楽しみは、掃除洗濯ヒナタボッコ♪

 布団もマットもクッションも全部ベランダに並べて、

 私も一緒に光合成。。

 

 秋の空、大好きです。

 

20061025-sunnyday.jpg

 

10/26(木)

 

 ハッキリ言って、「世界」なんて変わらない。

 変わるのは「世界観」だ。

 

 誰もがそれぞれに、自分の「世界観」を生きていて、

 そういう意味では、

 誰もがそれぞれに、「世界」を自分の思い通りにしている。

 

 つまり、わかりやすく言えば、

 どんなに謙虚にふるまったって「真実」なんて思い込みでしかない。

 

 もしかしたら、「真実」はDNAに組み込まれていて、

 遺伝子のように優劣があったり淘汰されたりするものなのかも知れない。

 だから、世界は多様で、争いには終わりがないのかも知れない。

10/27(金)

 

 TVを観ていて思ったこと。

 

 流行に左右されやすい国民性って、

 やっぱり情報操作の罠にハマりやすいんだろうなぁ。。

 

 市場原理も民主主義も、

 実際のところ「便宜」であって「正義」ではないというのに!

null

広告

milkyshadows について

milkyshadows.net
カテゴリー: Main パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中