“Just Keep Playing !”

soulbeauty.net(2007.10.21 OA)

20071018-MrSUGANO.jpg

              (chromatic keyboard / 菅野邦彦さん

私は、

ものごころつく前からオンガクが大好きでした。

まだ一人では歩けない頃から、おじいちゃんの背中で、

小田原の5月のパレードの時には、 ズンズンとリズムを踏みしめていたそうです。

カセットテープもまだ無い時代で、

父が持っていたのは、

ポータブルのレコードプレーヤーと、オープンリールのテープレコーダーでした。

目の前で、装置が回転して音が出ることが、

幼心にも、生々しくユーモラスで、

私にとっては、

「オンガク」というより、「録音された音」そのものが、

城址公園の梅子さん以上のアイドルだったように思います。

思春期の頃の私の最大のアイドルは、

父の影響で、ビートルズでした。

もちろん、リアルタイムではありませんでしたが、

オンガクが音楽以上の力を持つことを、

私はビートルズから学びました。

その後、紆余曲折ありましたが、

ある学生時代の終わりの夏に、

ひとりのアメリカ人ミュージシャンの演奏に感動して、

東京中のライブハウスを追いかけたことがありました。

そのミュージシャンは、

リチャード・ティーというキーボード・プレーヤーで、

この番組のオープニングとエンディングに流れている曲のフェンダーローズは、

彼の演奏です。

その夏、

ある場所で、演奏を終えて帰って行く彼に、

私は、勇気を出して声をかけたことがありました。

「あなたの演奏が大好きなんです」

と、片言の英語で話しかけると、

彼はいつもの人懐っこい笑顔で、

でも、ちょっとはにかんで、

握手をしてくれました。

その彼の腕の太さと言ったら、

それこそ私のウエストくらいはありそうなほど逞しくて、

これでピアノを弾いたら、そりゃぁ鳴るだろうなぁと思ったものです。

 「私も少しピアノを弾くんです」

 「へぇ、どのくらいやっているんだい?」

 「10年くらいです」

 「そうか、俺は40年やってるよ。

  やっとピアノが少し分かってきたところだよ」

彼はそう言って、一瞬真剣な目をしました。

 「私に何かアドバイスをいただけませんか?」

 「OK」

そして、彼は一言だけ私にメッセージを残して、去って行ったのです。

彼のメッセージは、こんな言葉でした。

 「Just Keep Playing!」

その後、

リチャード・ティーは、1993年に、残念ながら亡くなってしまいました。

私も、結局、彼のアドバイスは実行できませんでした。

音楽は大好きですが、

私はどうやら演奏家には向いていなかったようです。

「とにかく続けなさい」という彼の言葉。

私は演奏家にはなれませんでしたが、

今もこうしてオンガクの隣にいて、

ずっとずっと愛し続けて行くことでしょう。

20070515-banner.jpg
広告

milkyshadows について

milkyshadows.net
カテゴリー: soulbeauty.net [on air] パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中