残像

8/29(火)

 

 そろそろカサブタが剥がれ落ちる時期。

 風にかえるアトリエにて、魂の闇と向き合う。

 

 帰り道、ハラの底に棲みついていた鈍痛のような塊が消えていた。

 あのザワザワした感触の“記憶”だけを残して。

 

8/30(水)

 

 出来事の起こる時って、どうしてこうも連鎖スルのかってくらい、

 アレもコレもが同時にやってくる。

 

 ってことは、

 幸も不幸も、案外、どさくさ紛れにしかやって来ないのかも知れない。

 だって、たとえば「結婚なんて勢いよ!」とかって言うじゃない!

 たしかにイキオイだ、って経験者としてはそう思う。

 理屈じゃないし、良し悪しでもない。そういうモンだ。

 

 それは料理の味付けみたいなもので、

 要するに、火加減とタイミングってことなんだろう。

 美味いか不味いかは、食べた人次第。

 

8/31(木)

 

 モノゴトに積極的に関わる為には、ススんで責任を負うべき時がある。

 そう思って担っていた役割のひとつを、降りることにしました。

 

 高く積み上げたトランプタワーからそっと手を離す心境。

 

20060817-kougen.jpg

9/1(金)

 

 雨。

 

 季節はいつも一瞬で変わる。

 変わらないのは、人の「意識」

 

 何故って、

 誰もが、自分の人生は昨日からの続きだと信じているから。

9/2(土)

 

 ハマってる「オシム監督語録」風に言えば、

 美容師にとって最も大切な能力は“観察力”だと私は思う。

 センスやスキルはその後だ。

 私が店づくりをするとしたら、観察力のあるスタッフを育てたい。

 

 さて、

 観察力がいくらか欠けていても、美容師は髪型をつくることが出来る。

 だからそれでもお客さんは付くし、店だってやって行ける。

 話題になったり、売上が上がったり、満足してもらえたりもする。

 それが“演出”ってモンだ。

 まぁ、誰も困らないからそれはそれで良いんだろう。。

 

9/3(日)

 

 波の音で目が覚めた。

 地響きのように押し寄せる。

 遠い南の台風のせい。

 

 津波の夢をみた。

 すべてが砂に埋もれても私の部屋だけは無事、というジコチューな話。

 閉ざされた楽園のような私の部屋は、

 子供の頃に読んだ『奇岩城』みたいだった。

[SOUL-conscious] #38

20060828-hikari.jpg

広告

milkyshadows について

milkyshadows.net
カテゴリー: 夢日記 [SOUL-conscious] パーマリンク

残像 への1件のフィードバック

  1. KIHACHIRO より:

    なんとなく「成長」を感じた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中